<   2011年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

博多入り!!

d0229369_18573624.jpg

やってきました、博多!!

これから九州を抜け出し、次の目的地岡山県に出発いたします!!

出発がバタバタしてしまい、博多では服作り人を訪ねれませんでした・・・

慌てて出てきたため、ほんとに忘れ物がないか、未だ不明・・・でも、本州はパスポートがいらない

と聞きホットしました。

さて

これから、10日ほどの短い間ですが、岡山、関西、静岡、関東に行きます。

お邪魔をいたしますが、なにとぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by sofjapan | 2011-03-31 19:12 | 服作り人めぐり 2011

片付け、片付け!!

d0229369_22102573.jpg

今日、今まで住み慣れたアパートを片付けた。

少しずつ環境が変わっていく中で、これから先の状況の変化に少しずつ実感がわいてくる。



そういえば。。。

なんか最近食欲がないです・・・胃がもたれて・・・食べても気分悪くなるんです・・・

今日手伝ってもらった友達と一緒に熊本の北熊ラーメンを食べにいったけど、うまかったけど、

なんか胃もたれ・・・

自分では気づかないけど、やっぱりストレスたまってるのかな~

ストレスを食って生きていけ!と言うけれど、今はお腹いっぱいですたい025.gif
[PR]
by sofjapan | 2011-03-30 22:39 | なんでもない事

あなたのTシャツどこから来たの?

d0229369_062383.jpg
今日は図書館に本を返す日だ、まだ読みおわってない本を一気に読んだ・・・
ほとんど頭に残ってない・・


ピエトラ・リボリ著
“あなたのTシャツはどこから来たのか?誰も書かなかったグローバリゼーションの真実”

先日、ある社長から、“このアパレル業界が抱える問題がたくさんある、流通の問題、価格競争(底

辺の競争)などなど・・中でも途上国のアパレル工場の抱える問題は実にひどい・・”と聞いた。

その後、図書館で偶然見つけた本がこの事についてくわしく書かれていた。

内容は単純?に

マイアミのみやげもの屋のTシャツはどこから来たのか?

である。

鬼ごっこのように出所を調べていく。

ラベルには”シェリーマニュファクチュアリング 中国製”とある。

早速、電話! 

アポとって中国に、Tシャツはその会社で縫製されていた。


では、生地はどこで作られたか?? 早速社長に聞く。

上海織物 シャー・ジャオ・ミン

また、上海に飛んで紡績工場にいき社長と話す。


では綿はどこから来たのか?

社長いわく 

アメリカ テキサス・・・・・・・・・


と、こんな感じの話の流れがあり、その中の様々な問題などを取り上げて書かれた本である。

なかなか面白かった。

知らないことばかりの日々です。 勉強勉強
[PR]
by sofjapan | 2011-03-29 21:02 | アパレル業界の真実

APCの掲示板について

APC netを最近始めた。<アパレル業界で働く人向けのSNSサイト>http://www.apc-net.net/

来月、イギリスに行く前に少しでも、業界の人の話を聞いて、いろいろと学ばせてもらいたい、と最

近思っている。

そこで、APCの掲示板にその旨を書き込んだ。

今、東北関東大震災で日本中が大変な時期だという事は承知しているが、出来るだけ多くの人の話を

聞きたいと思った。

出来るなら、熊本から北上し2~3週間かけ、東京らへんまで行きたいと思っています。

日本が大変な中、また今まさにシーズン中で忙しいと状況でのこの行動は自分でも少し不安な思いが

あります。

最近、九州内(主に地元熊本)の縫製工場や、アパレル業関係の人を訪ねています。

ほんとにいろんな話を聞くことができます、まだ僕のレベルでは理解できない話も多くありますが、

ほんの少しでも、これからのやるべき課題がよりはっきりと見えてくるならと思い話を伺ってます。

よろしくお願いします elvismasa@hotmail.com
[PR]
by sofjapan | 2011-03-28 23:33 | 自分が思うこと

ジーンズの左足がゆがんでる!?

先日購入したジーンズの裾上げが出来たので、早速受け取りに行った。

地元にある、ジーンズショップでオーナーがデザイン、パターンから縫製まで店内でやられ、販売

している、オリジナルジーンズショップである。

購入後、自宅に帰り、はいてみた。

さすがにオーナーの長年の歴史が詰まったジーンズをはく心地よさ、着た時のしっくり感、などなど

その後、はき続け・・・・

夕方から、おば達が祖母の家に来ていた。僕もジーンズをはき話をしていた・・・・・

座ってる足をみて

?????

脇と股の縫い目が左側だけがよじれている!!!

まさかの縫製不良??

いや、でもそんな製品を販売するはずがないと思った。

おばの一人も縫製業を長らくされていたので、聞いてみた。

“おかしい、明日持っていって返品しなさい”

ほんと残念、言いにくいなと正直おもった・・・

でも、行く前にちょっとネットでしらべよう、と思い“ジーンズ ゆがみ”で検索・・・・

んんん????

ジーンズはビンテージ品や、こだわって作られたものは左足がねじれてるそうです!!

それはジーンズの生地が綾織で織られており、洗濯をするうちに右綾は右側、左綾は左側がねじれるそうです。

一般的なデニムはあらかじめ縫製前ねじれ防止加工を施されているため、ねじれがないそうです。

左足がねじれているのは、こだわって作られたジーンズの証なのでしょう。(仮定)

縫製業をこれまでやって、左右非対称、ねじれ等は基本的にアウトの製品です。

しかし、このデニムに関しては違い、反対に価値がそこに見出されています。

改めて洋服の深さ、また、自分の勉強のなさに気づかされました。

服の違い、由来、こだわり、歴史縫製、全てに意味を見出し、そこに価値を作る・・そして、やはり

それを伝え、皆で一緒になって成長していけないんだと気づかされた。



どこに洋服の価値があるのか・・・・

d0229369_172782.jpg


数年後イギリスではきこなされたこのジーンズをオーナーに見せに見せに行ける事を楽しみにしてま

す。

購入後に洋服に”自分が着た歴史”という価値を見出す事も、一つの服の価値でしょう。

また、それに見合うような品質の服を作らないと、と思った一日でした。001.gif
[PR]
by sofjapan | 2011-03-27 22:05 | 洋服のこと

夜の工場

d0229369_0533243.jpg

いつもと違う工場の雰囲気・・
[PR]
by sofjapan | 2011-03-26 00:56 | なんでもない事

洋服の価値

以前中古で買った、米軍のPコートの補正をした。

肩幅と、胸周りが大きいので、裁断し、縫いこみサイズダウンした。

かなり初期型のため、縫いも手作業の部分が多かった。

裏地の袖ぐりの縫いは全て手マツリで行われていた!

何十年も前にどこかの国(おそらく当時はアメリカ製)の人が時間をかけてまつった糸をほどく・・

なんともいえない感じがします・・


手間ひまかけたので、高級品、特殊ミシンで短時間で作ったので、低価格・・・・????

服の価値、値段はいったい何でしょうか??

作り手の価値、買い手の価値・・・・・

常にこの問いを考え続けないといけないんでしょうね。
[PR]
by sofjapan | 2011-03-25 19:01 | 洋服のこと

途上国の縫製工場の真実

ピエトラ・リボリの本をより・・

あなたのTシャツは誰が作ったものですか?

食べ物も飲み物も与えられず、ミシンにつながれたベトナムの子供でしょうか?

時給18セントしかもらえず、一日にトイレに二度しか行かせてもらえないインドも若い女性でしょうか?

皆さんしってますか?

彼女は12人部屋で生活しているのです。ベットは共寝、食事にはおかゆしか出ません。

残業代もなく、週に90時間働かされます。

発言する権利もなければ、労働組合を作る権利もありません。

彼女は貧乏なだけでなく、不潔で病気が蔓延する環境で暮らしているのです。


全てはナイキの利益のために。




服が好きなら、服の真実も学ぶ必要があります。 どこから来て、どこに行くのか・・・・
[PR]
by sofjapan | 2011-03-24 19:21 | アパレル業界の真実

今思うこと・・・

大学卒業後にひょんなキッカケで入った、縫製業界。

右も左もわからないことばかり・・3ヶ月目に社長に“やめさせてください”という。

しかし、“続けてみろ”言われ、早3年半たちました。

今思うことは、“続けてみろ”の意味を考えます。

今まで、見えないこと、見たくないこと、たくさん経験させてもらえました。

服作りを通して、自分の目標、夢が何なのか、気づかせてもらい、まだまだ考える日々

です。013.gif
[PR]
by sofjapan | 2011-03-24 18:27 | 自分が思うこと

時代の流れを見る

正午からクリーニング業を営むYさんにお会いした。

Yさんとは以前、セミナーで同じテーブルに座られていた方で、偶然にも同じ“服”を仕事にしてい

る方だった。

お会いするのは2年ぶりぐらいだったが、非常に親切に迎えていただいた。

クリーニング業界は今、洗濯ネームの表示をヨーロッパのように統一したルールで行う取り組みが

なされようとしているらしい。

僕は、同じ商品を扱う仕事をしているにもかかわらず、あまりにも洋服の手入れを行う仕事というも

のを知らなすぎたと感じた。

服は作って、売って、お客様がそれらを長く着るところまで目を向ける必要がある。

やはり、プロフェッショナルとして知っておかなければならないと感じた。

Yさんはツイッターなどの媒体を通して、仕事を広げていく話をしてくれた。

時代がめまぐるしく変わる中、その変化を感じ取り、活用することも、一つの大事な仕事の一つで

あろう。

でも、基本は、フェイスブックもツイッターも人と人のつながりであって、これまでも、これから

も、結局は人と人であろう。

そうあってほしい・・・008.gif
[PR]
by sofjapan | 2011-03-24 00:33 | 服作り人めぐり 2011


服作りとは何か・・・       2011年よりイギリス修行


by sofjapan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
ヨーロッパ 2011
服作り人めぐり 2011
夢について
洋服のこと
自分が思うこと
アパレル業界の真実
なんでもない事

以前の記事

2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

外部リンク

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧