カテゴリ:アパレル業界の真実( 3 )

今読んだ本

三菱総合研究所が書いた

“全予測 2030年の日本”

を今寝る前読んでアパレル産業にも共通する文章があったので、抜粋します!!

以下↓

2030年の産業に求められるのは、「価値ある創造とはなにか」を常に追求することだ。

だが、これは従来の「(売れる)ものづくり」産業の中核にあったQCD(品質、コスト、納期)

の追求だけでは達成できない。

「価値を生み出す産業」を支えるのは、創造の源となる「人」であり、その能力である。

2030年、「ものづり」産業は、「価値づくり」産業へとシフトアップする。

同時に重要なのが「人づくり」である。



以上です。おやすみなさい。
[PR]
by sofjapan | 2011-04-05 21:51 | アパレル業界の真実

あなたのTシャツどこから来たの?

d0229369_062383.jpg
今日は図書館に本を返す日だ、まだ読みおわってない本を一気に読んだ・・・
ほとんど頭に残ってない・・


ピエトラ・リボリ著
“あなたのTシャツはどこから来たのか?誰も書かなかったグローバリゼーションの真実”

先日、ある社長から、“このアパレル業界が抱える問題がたくさんある、流通の問題、価格競争(底

辺の競争)などなど・・中でも途上国のアパレル工場の抱える問題は実にひどい・・”と聞いた。

その後、図書館で偶然見つけた本がこの事についてくわしく書かれていた。

内容は単純?に

マイアミのみやげもの屋のTシャツはどこから来たのか?

である。

鬼ごっこのように出所を調べていく。

ラベルには”シェリーマニュファクチュアリング 中国製”とある。

早速、電話! 

アポとって中国に、Tシャツはその会社で縫製されていた。


では、生地はどこで作られたか?? 早速社長に聞く。

上海織物 シャー・ジャオ・ミン

また、上海に飛んで紡績工場にいき社長と話す。


では綿はどこから来たのか?

社長いわく 

アメリカ テキサス・・・・・・・・・


と、こんな感じの話の流れがあり、その中の様々な問題などを取り上げて書かれた本である。

なかなか面白かった。

知らないことばかりの日々です。 勉強勉強
[PR]
by sofjapan | 2011-03-29 21:02 | アパレル業界の真実

途上国の縫製工場の真実

ピエトラ・リボリの本をより・・

あなたのTシャツは誰が作ったものですか?

食べ物も飲み物も与えられず、ミシンにつながれたベトナムの子供でしょうか?

時給18セントしかもらえず、一日にトイレに二度しか行かせてもらえないインドも若い女性でしょうか?

皆さんしってますか?

彼女は12人部屋で生活しているのです。ベットは共寝、食事にはおかゆしか出ません。

残業代もなく、週に90時間働かされます。

発言する権利もなければ、労働組合を作る権利もありません。

彼女は貧乏なだけでなく、不潔で病気が蔓延する環境で暮らしているのです。


全てはナイキの利益のために。




服が好きなら、服の真実も学ぶ必要があります。 どこから来て、どこに行くのか・・・・
[PR]
by sofjapan | 2011-03-24 19:21 | アパレル業界の真実


服作りとは何か・・・       2011年よりイギリス修行


by sofjapan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
ヨーロッパ 2011
服作り人めぐり 2011
夢について
洋服のこと
自分が思うこと
アパレル業界の真実
なんでもない事

以前の記事

2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

外部リンク

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧