ジーンズの左足がゆがんでる!?

先日購入したジーンズの裾上げが出来たので、早速受け取りに行った。

地元にある、ジーンズショップでオーナーがデザイン、パターンから縫製まで店内でやられ、販売

している、オリジナルジーンズショップである。

購入後、自宅に帰り、はいてみた。

さすがにオーナーの長年の歴史が詰まったジーンズをはく心地よさ、着た時のしっくり感、などなど

その後、はき続け・・・・

夕方から、おば達が祖母の家に来ていた。僕もジーンズをはき話をしていた・・・・・

座ってる足をみて

?????

脇と股の縫い目が左側だけがよじれている!!!

まさかの縫製不良??

いや、でもそんな製品を販売するはずがないと思った。

おばの一人も縫製業を長らくされていたので、聞いてみた。

“おかしい、明日持っていって返品しなさい”

ほんと残念、言いにくいなと正直おもった・・・

でも、行く前にちょっとネットでしらべよう、と思い“ジーンズ ゆがみ”で検索・・・・

んんん????

ジーンズはビンテージ品や、こだわって作られたものは左足がねじれてるそうです!!

それはジーンズの生地が綾織で織られており、洗濯をするうちに右綾は右側、左綾は左側がねじれるそうです。

一般的なデニムはあらかじめ縫製前ねじれ防止加工を施されているため、ねじれがないそうです。

左足がねじれているのは、こだわって作られたジーンズの証なのでしょう。(仮定)

縫製業をこれまでやって、左右非対称、ねじれ等は基本的にアウトの製品です。

しかし、このデニムに関しては違い、反対に価値がそこに見出されています。

改めて洋服の深さ、また、自分の勉強のなさに気づかされました。

服の違い、由来、こだわり、歴史縫製、全てに意味を見出し、そこに価値を作る・・そして、やはり

それを伝え、皆で一緒になって成長していけないんだと気づかされた。



どこに洋服の価値があるのか・・・・

d0229369_172782.jpg


数年後イギリスではきこなされたこのジーンズをオーナーに見せに見せに行ける事を楽しみにしてま

す。

購入後に洋服に”自分が着た歴史”という価値を見出す事も、一つの服の価値でしょう。

また、それに見合うような品質の服を作らないと、と思った一日でした。001.gif
[PR]
by sofjapan | 2011-03-27 22:05 | 洋服のこと


服作りとは何か・・・       2011年よりイギリス修行


by sofjapan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
ヨーロッパ 2011
服作り人めぐり 2011
夢について
洋服のこと
自分が思うこと
アパレル業界の真実
なんでもない事

以前の記事

2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

外部リンク

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧